輸入住宅の魅力はデザインだけではない

subpage-img

外観デザインが従来の日本の住宅と大きく異なり、とても垢抜けて洗練されている印象の輸入住宅は、現在の住宅市場の中において一定の存在感をもつまでになりました。

パリスタイルの浜松の輸入住宅情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

それは、デザイン性に重点を置いて住まいを考えている人が多いということの裏付けでしょう。

輸入住宅はそのデザイン性の良さがクローズアップされる傾向にありますが、実は住宅性能という快適な住まいを実現するために必要な観点からも優秀であることはあまり知られていません。デザインにこだわりつつも、冬の寒さや夏の暑さから無縁の快適居住空間を実現することが可能なのです。

それは、一般的な輸入住宅の原産国に秘密があります。


多くは北欧や北米、欧州などの緯度の高い地域で発達した住宅ですの。
日本で言えば北海道に匹敵するかそれ以上に寒さの厳しい地域ですので、当然のことながら冬の寒さの対策が必要となります。

そのために輸入住宅は断熱性に優れたツーバイフォー工法を採用しており、窓や玄関ドアも高気密と高断熱が標準装備となっています。

そのために冬の暖房費の節減だけでなく、夏の暑い外気温も遮断しますので冷房費も節減できる省エネルギー住宅となっているのです。
またツーバイフォー工法は在来工法と比較すると耐震性に優れていることも特筆すべきポイントです。

柱ではなく壁面で建物全体を箱のように支える構造となるために、縦揺れにも横揺れにも強く、大きな揺れでも倒壊を防ぐことが可能です。



もちろん日本の従来の住宅にも良い点が多くありますし、デザインも和風を好まれる人も多いでしょう。

しかし輸入住宅の性能の観点からも検討の価値は十分にあると言えます。

ジョルダンニュース!情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

top