バナー

夏はレーザー脱毛をするのに気をつけよう

レーザー脱毛を行う際には夏の季節は最も気を配らなくてはならない季節と言えます。

レーザー脱毛を行う際には体毛の黒い色素であるメラニンがレーザーの光を吸収し、その際に熱を発生させる事で脱毛しています。
それが夏に気をつけなければならない理由にも大きく関わっていて、夏は日差しが強くて薄着になり、日焼けをしやすいから気をつけなくてはならないのです。

日焼けというのはどうして肌が黒くなるのかというと、メラニンが肌を保護するために黒くなっているのです。

先ほども説明したようにレーザー脱毛は黒い色素が反応して熱を発生させるように調整されていて、日焼けしている肌に照射してしまうと体毛だけでは無くてその周囲の肌までレーザーの光エネルギーを吸収して発熱してしまいます。

話題の医療レーザー脱毛関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

日焼けは何も夏に限った話では無いので、季節は関係なしに日差しには注意しなければならないですが、夏の場合は暑くなって薄着になって肌の露出が増える事と、紫外線が強いという二つの理由で特に日焼けしやすいので気をつける必要があるのです。


また、同時に汗についても気をつける必要があります。



脱毛した直後というのは毛から発生した熱が肌にも伝わって熱を帯びている状態になるので、普段よりも肌が敏感な状態となっています。



そこに汗をかいていると、汗は雑菌を吸着しやすく雑菌が原因で敏感になっている肌がトラブルを起こしやすくなってしまいます。

夏場は何もしていなくても汗をかきやすいので気をつけなくてはならないです。