日本の住宅とは違う輸入住宅の魅力

img1-1

海外諸国の設計やデザインなどをとりいれた輸入住宅は、日本の住宅とは違った魅力を持っています。
まず最大の魅力として挙げられるのがデザイン性の高さです。
日本国内では、ヨーロッパスタイルと北米スタイルの二つが主流となっていますが、どちらも個性的かつ長持ちするのが特徴です。



ヨーロッパスタイルは、自然との調和を重視した素朴さが魅力であり、北米スタイルは古き良きアメリカを感じられる多彩なデザインが魅力です。
次に、家の間取りも日本の住宅とは大きく違います。

日本の住宅で採用されている設計モジュールは910㎜ですが、輸入住宅の場合、1200㎜と大きめに設定されているため、広々と余裕のある居住空間をつくりあげることができるのです。


また部屋と部屋をあまり区切らないのも輸入住宅の特徴で、これによって開放感のあるスペースを実現しています。次に耐震性の高さも魅力です。
日本は地震が多い国ですので耐震性にはかなり力を入れている住宅が多いのですが、輸入住宅も2×4と呼ばれる壁全体が柱の代わりとなって建物を支えることができる工法が取られていますので、地震の揺れに強くなっています。

また分厚い木材が使われることも多いので耐火性に優れているというのも魅力です。

今よりも浜松のガレージ付き輸入住宅の関連情報がご覧になれます。

最後は気密性や断熱性の高さです。


それぞれの国の厳しい環境に耐えられる設計がされているため、厚い断熱材の使用や、ペアガラスや三層ガラスの窓など、熱さや寒さを防いで室内の温度を常に一定に保つ工夫がされています。

All Aboutは評判がとっても良くて有名です。

これによって、エアコンの空気を外に逃すことがありませんので省エネが出来るという魅力もあります。
このように輸入住宅は日本の住宅とは違った魅力を持ちながらも、日本でも快適に暮らせる住宅といえるのです。

不動産をよく学ぶ

img2-1

輸入住宅の場合では、海外から輸入された資材をそのまま活用するようなことを行っていることもありますが、注文住宅として建てる場合では、国内の環境に合わせた素材を使う方法も不可能ではありません。注目したい部分には床材も該当しています。...

more

納得の真実

img3-1

住宅にとって大切な場所になる部分では、外壁を挙げることもできます。住宅全体を守っている場所になり、非常に重要なポジションを占めていることになります。...

more

不動産の秘訣

img4-1

外観デザインが従来の日本の住宅と大きく異なり、とても垢抜けて洗練されている印象の輸入住宅は、現在の住宅市場の中において一定の存在感をもつまでになりました。それは、デザイン性に重点を置いて住まいを考えている人が多いということの裏付けでしょう。...

more

予備知識

img5-1

多様な価値観がある時代は、住まいにも個性を求める人が多くいます。輸入住宅はとても個性的で、様々なライフスタイルを求める人に人気となっています。...

more
top